帝京大学外科 上部消化管
サイトマップよくあるご質問(Q&A)帝京大学外科への交通・アクセス
医師ご挨拶診療時間胃がん(胃癌)について胃がんの診断・検査胃がんの手術、胃がんの化学療法術後



福島亮治のブログはこちら

QRコード
福島亮治のホームページは、
携帯電話でもアクセス頂けます。


ホームページTOP > 医師ご挨拶

医師ご挨拶

ご挨拶


 教授 深川 剛生深川剛生

 

この度、上部消化管外科教授に就任しました深川剛生と申します。現教授の福島亮治と2人体制となります。


私は東京大学医学部を卒業後、第一外科へ入局し、その後国立がん研究センター中央病院胃外科で外科医

長をしておりました。大学病院という教育機関へ移るにあたり今後は教育・研究・臨床に邁進する次第であります

国立がん研究センター中央病院胃外科では約20年にわたって胃癌の外科治療を行い、約3000例の手術と数多く

の臨床試験に携わり、また現行の胃癌治療ガイドラインの作成にも携わらせて頂きました。また長年にわたって世

界各国で手術や講演を行うことにより、世界をリードしている日本の胃癌治療の普及にも努めてまいりました。

「がんを治すこと」には、まずきちっとした手術を行い、がんを残さず取りきることが大切だと思います。最近は化学療法がかなり進歩しましたので、これま

でなら取り切れなかったような進行癌も、あらかじめ化学療法を行ってから、取り切ることができるようになってきました

研究面では、長年にわたって胃癌の骨髄・血液・リンパ節・腹水中の微量がん細胞についての研究を行ってきました。大学においては良好な研究環境が

ありますので、臨床に役立つ基礎研究を立案し遂行していきたいと考えています。そして私がこれまで蓄積いたしました経験を本学の若手医師・医学生に

十分に還元させていく所存です




経歴

1988年 東京大学医学部卒
2002年 国立がん研究センター中央病院 胃外科
2017年〜現在 帝京大学


資格

日本外科学会 専門医、指導医
日本消化器外科学会 専門医、指導医



所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胃癌学会 代議員、幹事、ガイドライン作成委員
日本臨床外科学会
日本癌学会
日本内視鏡外科学会

帝京大学 胃癌 食道癌 腹腔鏡下手術 開腹手術 腹腔内投与 抗癌剤 ダビンチ ダビンチ手術 ヘルニア TAPP タップ 外科  がんセンター 

幽門保存胃切除  深川 清川 上部消化管 福島 上部外科 TEIKYO FUKUSHIMA FUKAGAWA KIYOKAWA Phoenix 腹膜播種 胃癌腹膜播種 パクリタキセル フェニックス試験

 

メールフォームプライバシーポリシー
このホームページの著作権は、福島亮治に帰属します。